歩数計アプリ開発

歩数をアプリで記録
「楽しく続けられる」仕組みづくりをご提案

健康志向の高まりを受けて、簡単に取り入れることができる歩数計アプリに注目が集まっています。

そんな中、「歩数をカウントするだけでは、継続利用してもらうことは難しい。」「もっと楽しく使える歩数計はないか?」という声が聞かれるようになりました。

当社では、利用者が楽しめる歩数計アプリを、お客様と一緒に考え開発いたします。健康促進を勧める自治体様、スポーツ関連企業様など、歩数計アプリの導入をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

歩数計アプリの概要

歩数計アプリ開発について

スマホを持ち歩くだけで、歩数を記録できる歩数計アプリです。日毎/月毎/年毎にグラフで分かりやすく、日々の歩みを表示できます。

歩数計アプリを継続的に、かつ楽しく使っていただくための機能を、お客様にあわせてご提案いたします。

例えば、歩数をポイントに換算することで、特典を利用できるようになります。

ポイント付与

貯まったポイントを地域で利用できるようにすると、地域活性化にもつながるため、自治体様におすすめです。

利用者を励ましてくれるアシスタントキャラクターの設定をすることで、楽しく飽きずにご利用いただけます。

他にも、お客様にあわせたご提案をいたします。

特長

特長カスタマイズ

自由にカスタマイズ

想定している利用者にあわせて、最適なアプリ設計を行います。ランニングやウォーキングコースの設定など、情報を自由に設定できます。

特長特典インセンティブ

歩いた分をポイントに

歩数をポイントに変えることで、特典を設定できます。ポイントは自治体内で消費することで地域活性化にもつながります。利用者のやる気や継続利用を喚起できます。

特長キャラクターと対話

対話型アシスタントで継続性アップ(キャラクター利用可)

各自治体や企業のキャラクターを設定できます。励ましの声をかけたり、情報を提供することで、利用者は飽きずに楽しくアプリを使用できます。

特長操作

年齢を問わず使いやすいインターフェース

毎日使うものだから、シンプルで操作しやすいデザインを提供します。より詳しい情報提供が必要な場面では、ウェブページへのリンクが可能です。

導入事例~自治体様 歩数計アプリ開発~

事例セイカ歩数計アプリ

精華 i (アイ)介護予防歩数計アプリケーション

主催京都府精華町 様
開始年2015年~
アプリ名セイカ歩数計(精華i介護予防歩数計アプリケーション)

京都府精華町様の健康増進運動「せいか365」の一環として2015年スタート。町内の広報キャラクター『京町セイカ』をアシスタント役にしたアプリです。

グラフ表示で歩数を簡単に確認。様々な条件を達成するたび、キャラクターから記念メダルを獲得できます。キャラクターに励まされながら、楽しく継続できます。

サポート体制

サポート

当社には歩数計アプリ運用の実績のあるディレクター、開発スタッフ、デザイナー、広報などスペシャリストが常駐しております。安心してご相談ください。

お問い合わせ

歩数計アプリの導入をご検討の自治体・企業様のお問い合わせは、こちら。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

地域創生・町おこしサポート事例
『京都府精華町』

2018.11.26

地域創生サポート

2020.10.30

受託開発

2020.04.13

「スマ歩スタンプラリー」サービス

2020.04.17