HEARTS Blog

埼玉東上地域教育プラットフォーム(TJUP)でスタンプラリー実施中!

 

このイベントは2019年11月10日に終了しました
 

埼玉東上地域教育プラットフォーム(TJUP)でスタンプラリー実施

QRコードとお手持ちのスマホだけで簡単にスタンプラリーが開催できるスマ歩スタンプラリーが、埼玉東上地域教育プラットフォーム(TJUP)で採用されました。

その初回のイベントとして、2019年5月25日(土)、26日(日)の両日、女子栄養大学の若葉祭が好天に恵まれ、開催されました。

 

埼玉東上地域教育プラットフォーム(TJUP)でのスマ歩スタンプラリー
 

TJUPのスマ歩スタンプラリーは、18大学の大学祭で行われます。

下のようなパネルを設置し、来場者に『スマ歩アプリ』をダウンロードしてもらいます。

スマ歩スタンプラリーのアプリのパネル
来場者はたったこれだけで、スタンプラリーを開始!

高校生の皆さんは、スタンプラリーを通して進学先を考える良い機会になると思います。スタンプを集めて進路を考えつつ、楽しい時間が過ごせたのではないでしょうか。

スマ歩スタンプラリーの様子
 

3つのスタンプを集めると、オリジナルトートバッグがもらえます。18の各大学祭は、11月10日まで続きます。

 

 

埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(TJUP)は、埼玉県の東武東上線沿線および西武線沿線の大学、自治体、企業が連携するプラットフォームです。
埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(TJUP)

 

今回のイベントでは、3つの大学を巡るようにスタンプラリーを開催していますが、設定は自由。

スマホでのスタンプラリーは、紙やハンコなどが不要なので手軽に開催できます。

 

スマホでできる手軽なスタンプラリー『スマ歩スタンプラリー』とは

スマ歩スタンプラリーは5万円から、開催者のスタンプラリーを登録し開催できるスタンプラリープラットフォームです。

地域や学校、商店街をめぐるスタンプラリーはもちろん、今回のように文化祭にもご活用いただける便利なシステムです。スタンプラリーは、集客だけでなく来場者の誘導にも有効です。

スタンプラリーを開催したい方は、下記よりスタンプラリーシステムの詳細をご覧ください。

スタンプラリー開催・運営システム

2018.11.26

スマ歩スタンプラリー