受託開発

【受託開発】GetSmart シリーズ

携帯型スペクトルサーベイメーター(放射線測定器) ソフトウェア開発

 

放射線測定器で計測したデータを、スマートフォンを通じてクラウドにアップロード、放射線量や測定位置、時間などを記録するシステムです。
測定器「GetSmart」の表示部分(組み込みソフトウェア)、および操作ナビゲート用アプリの開発を担当いたしました。

特徴

放射線測定器「GetSmart」の液晶表示部分では、弊社の得意とする組み込みアプリケーションのノウハウを活かした実装を行っています。
また、本機の使用をサポートするためのアプリケーションも合わせて開発。
放射線測定器本体とAndroidスマートフォンをBluetoothで接続し、スマートフォン側に測定データを常時記録、GPS情報等を付加した上で、クラウドサーバ(Google Drive)にアップロードし、計測データをクラウド上で管理できます。
また、クラウドサーバに蓄積された計測データは、GPS情報を元にGoogle Maps上にポイントされ、PC・スマートフォンのブラウザから閲覧が可能です。

機能

1.測定データを常時記録、自動でクラウドサーバへ送信

放射線測定器で取得した測定データを、スマートフォンへ常時記録します。
データ送信はBluetoothで行うため、ケーブル等は不要。
スマートフォンに送信された測定データは、LTE/WiFiなどの公衆網を経由してクラウドサーバへ送信されます。

2.計測器のデータはクラウドサーバ上で管理

データはクラウドサーバ(Google Drive)に保存されます。
データのバックアップも万全、紛失や消失を防ぎます。

3.操作ナビゲート用アプリ

計測器の操作をナビゲートする、スマートフォン用アプリも合わせて開発しています。
GetSmartと通信し、その操作をナビゲートいたします。

4.測定データにはGPS情報等を付加、計測地点の地図を自動生成

スマートフォンからクラウドサーバに送信される際に、GPS情報(位置情報)を自動付加します。
GPS情報をもとにクラウドサーバ上で、Google Mapsを利用して計測地点をポイントします。
後のデータ整理や分析などに活用できます。

5.クラウドサーバ上のデータは、スマートフォン・PCのブラウザ経由で閲覧が可能

測定器からクラウドサーバに送信・保存されたデータは、ブラウザから閲覧が可能です。
PCからはもちろん、スマートフォンでの閲覧にも対応します。